fc2ブログ

2014-02

「気のパワーのこと」 

 私は25年以上前,当時渋谷の表参道にあった「西野流呼吸法」の教室にほぼ1年半通ったことがある。やめる頃には西野先生が雑誌に紹介されどんどん有名になって,入会する人が増え教室が手狭になったり先生以外の指導者が入れ替わったり,時にはちょっと前の生徒の中から抜擢された人が前に立ったりしてきていた。

 教室は繁盛し続けビルの1階の喫茶店もなくなって「バレー教室」もなくなり,ビル全体が「呼吸法」の教室になったそのころ私は自分の体の中を巡る「気」を扱いかねるようになってきていた。

「気のパワー」で人を倒すことができる力がつくなんてすごい!←やがて迎える男の子達の反抗期。子育て中の母親がパワーアップしてそれを迎え撃てるなんてイイネ!(^^)!
 深い呼吸を使う体操も体にいいに決まってるというわけではじめたのだったが…

 入会したばかりの人でも「気」の強い人がいた。手合わせをすると相手の気の強さがわかるようになった。女も男も年齢も関係ないのだ!人によって強く感じる「気」とそうでもない「気」がある。

 私は気で人を飛ばすどころか飛ばされるばかり… 体のどこかに滞りがあると,入った「気」が頭に上ったままになったり弱い場所に留まって息苦しくなったりしてしまう。ものなのだそうだ。

 ↑
 教室にヨーガを長年やってきた人がいて,そんな時の私の状態を見て,「両足をトントンやってみて!抜けるから」と言ってくれて,その通りにしたらスッと楽になったことがあった。
 やめたきっかけ。その日,教室の階段を登るのが辛く体が何故か向かわず,隣のビルの1階にある「うなぎ屋」でとりあえずお腹に何かを入れてと思い方向転換したのだ。妙に塩素が強い味のする水を使ったお吸い物がついていた…いくらも食べずに残して店を出,そのまま帰った…それで教室ともおしまいだった。
 以後いつか私はヨーガをやらないといけないらしいと思うようになっていった。
1990年にインド旅行をした時,南のプリーという町で日本人でインドにヨーガの修業にきていた人に出会い,ヨーガのある流派をすすめられたのだ。日本に帰ってから習うべき先生の名前も教えてくれた。
 
 それっきり「気」のほうの探究はお預けになってしまっているのだけど。
なんでこんなこと今頃思い出したかっていうと,この間の鍼灸の先生は強い「気」を持っていたと思うのだ…夫も「何でかまだ効いてる」って言ってる… 
 

«  | ホーム |  »

プロフィール

スエヨギ(twitter名 こみなみなみこ)

Author:スエヨギ(twitter名 こみなみなみこ)
 ↑ 
 画像は 
 米づくりやめたきっかけ
 猿30匹による襲撃時の監視カメラ
 からの至近写真 
(2016年10月より主にニンニク栽培に転向)
 
 今の生活は
 軽ワゴン車の移動
 で成立している
 
 月1回400キロの
 2箇所居住地を往復している 
 
 体力&気力&知力と
 見果てぬ夢とのコラボは続くよ

 気になるキーワード

 ヨーガ 自然食 
 在来工法手刻みによる木工事 
 リサイクル品
 自然エネルギー
 鍼灸指圧
 田舎暮らし
 移住
 小屋暮らし
 ---
 主張
 ↓
 脱原発
 反TPP
 やや右寄り リベラル
 極左×
 ネトウヨ×
 

 
 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

農の食 (479)
農作業 (21)
日々の暮らし (102)
ヨーガ ヨーガ ヨーガ (57)
雑感 (148)
脱原発を目指そう (60)
目指せ快適な家 (15)
お知らせ (34)
未分類 (189)
●●●町一人オンブズウ-マン (11)
組織は腐るのこと (5)
責任の所在を転嫁しあう底なし時代 (1)
現代医学もいいけど鍼灸指圧もいいよ! (5)
Twitter でのこと (96)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード