fc2ブログ

2024-02

伊達市長の年頭の挨拶 


市長日誌 1月号

----
 新しい年が開け、あの3.11の災害から4年目を迎えました。

 これまで市民あげて災害復旧復興に取り組んできた結果、何とかある程度の前進をしておりますが、まだ課題は山積しているのが現状です。

 その中で、昨年暮れに3年ぶりに待望のあんぽ柿の出荷再開式が行われました。
 量は僅かながら、発災翌年の冬の寒い中、高圧洗浄による果樹の除染を行うなどの努力の結果が試験出荷となったものと思います。

 しかしながら、あくまで試験出荷であって、伊達市としては出荷自粛という状態なのです。
 ですから、丹精こめて栽培された原料柿の大部分は虚しく柿の木の下に投げ捨てられ、赤い山となっているのです。本当にもったいないことです。

 実は、この柿は生食ならばOKなのです。基準値は1キロあたり100ベクレルで、今年の柿は20ベクレル前後です。
だから、そのまま食べるのには何ら問題はないことになりますが、もちろん渋柿ですからあんぽにしないと食べられません。

 つまり生なら合格で、干し柿にすると口に入る放射能量は同じなのに駄目ということなのです。これは乾燥茶の場合も問題になりましたが、基準値が1キロあたりの含有量だからなのです。

 ある家で「立派なきのこを貰ったので一応念のため測ってもらったら、300ベクレルあったので残念ながら捨ててしまった」という話を聞きました。
 そこで私は「販売するのは駄目だが、自分が食べるなら心配は無いと思いますよ。そもそもヨーロッパでは1キロあたり1200ベクレルが基準だし、毎日食べるのであれば如何かと思いますが、多少基準値をオーバーしていても、美味しい物を食べた方が精神衛生上はいいのではないですか」と言いましたら、「早く教えてもらえばよかった。もったいないことをした」と言っていました。無用な内部被ばくを避けるのは当然ですし、最後は個人の判断になりますが、「旬」を楽しまないのも寂しいと思います。

 今年は市民の皆さんに放射能について正しく理解してもらい、恐れるばかりではなく、現実的な判断をしてもらうことを目標のひとつとしたいと思います。

--------
 
↑ 
市民の目標にってか?1キロあたり1200ベクレル?!どっから拾ってきたんだ?!

«  | ホーム |  »

プロフィール

スエヨギ(twitter名 こみなみなみこ)

Author:スエヨギ(twitter名 こみなみなみこ)
 ↑ 
 画像は 
 米づくりやめたきっかけ
 猿30匹による襲撃時の監視カメラ
 からの至近写真 
(2016年10月より主にニンニク栽培に転向)
 
 今の生活は
 軽ワゴン車の移動
 で成立している
 
 月1回400キロの
 2箇所居住地を往復している 
 
 体力&気力&知力と
 見果てぬ夢とのコラボは続くよ

 気になるキーワード

 ヨーガ 自然食 
 在来工法手刻みによる木工事 
 リサイクル品
 自然エネルギー
 鍼灸指圧
 田舎暮らし
 移住
 小屋暮らし
 ---
 主張
 ↓
 脱原発
 反TPP
 やや右寄り リベラル
 極左×
 ネトウヨ×
 

 
 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

農の食 (479)
農作業 (21)
日々の暮らし (102)
ヨーガ ヨーガ ヨーガ (57)
雑感 (148)
脱原発を目指そう (60)
目指せ快適な家 (15)
お知らせ (34)
未分類 (189)
●●●町一人オンブズウ-マン (11)
組織は腐るのこと (5)
責任の所在を転嫁しあう底なし時代 (1)
現代医学もいいけど鍼灸指圧もいいよ! (5)
Twitter でのこと (96)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード