fc2ブログ

2024-02

「快適!自由人マニアル」 その2

 Myブログの1つ前で紹介したブログサイトの「自由人の価値観」と名付けられたシリーズ3編も圧巻だ。
飛ぶのが面倒な人の為に以下に特別掲載した。もう今回で「快適! 自由人マニアル」の紹介は終わりにしたいが。きっとまた飛んで行くだろう。

その1
――――
知人に、会社員時代毎月収60万円近くの給与とボーナスを得ていた老夫婦がいる(もちろん正社員)。
その暮らしぶりは豪華で、お会いするときにはゴディバなど、「こんなのもらっていいの か?」というようなお菓子やお土産を頂戴した。
また、食事はほぼ外食、通販で何万円もするようなものをポンポン買っていたし、ローンで立派な家も建てていた(自宅があるのに、普段からホテルにたびたび宿泊)。
私も、相手がかなり年上ということもあり、普段自分などでは食べられないような食事(外食)をごちそうになることがあり、とにかく「あるところにはあるものだ」と思っていた。
が…定年退職ししばらく経った後、車を買い替えたいのだが○○の評判はどうか(ネットで調べてくれないか?)と、いわれたので、いちおう調べて情報を提供した。
しかし、なんとその車はコンパクトカー。それにも驚いたが、100万円近くはローンを組む、というのでさらに驚いた。ローン、私の大嫌いな借金だ。
「なぜ金利で損をするのにローンを組むのか?」とよくよく話を聞くと…
「実は、預貯金(財産)が100万円しかない」と言う。
もう非常に驚いた。彼らは「偽りのお金持ち」だったのだ。
恐ろしいことに、彼らは会社員時代毎月60万円近く+ボーナスをもらっていたのに、みんな使っていた。
もちろん現在は、会社員のときのような収入などない。しかし、それでも暮らしぶりは変えられない(食費だけで月15万円以上)。で、この車の買い替えは、まさに足が出る瞬間!お金持ちだと思っていた彼らは、定年退職後1年足らずで、マイナスに転じるような家計だったのだ。
これが自分の配偶者だったら「車なんて買っている場合じゃない!」と、はり倒しているところだ。
彼らがいま持っている100万円は命金だろう。その先にあるのはローン、借金地獄しかない。話を聞くと、返せなくなったら?万が一病気で倒れたら?突発的な支出が生じたら?なんてことは考えていない(不安だというばかり)のに、正社員で働いてきたときと同じ感覚でローンを組もうとしている。
しかし相手は高齢。何十年もそうやって暮らしてきた人達だ。私のような若造が「生活、価値観を変えなければダメだ」などとはとても言えなかった。ましてや、自分のような消費しない生活など…(彼らの年金だけでも私なら足りて余りあるが)。
それでも何とか、「お金を節約したほうがよいのでは?」と言うと、
「我慢するのは嫌だ、いま良い目にあいたい」と言う。
(とはいえ、この夫婦、散財しまくっているが幸せそうではない。会うたびネガティブなことばかり言っているし、私から見ると浪費も病的だ)
とりあえず、「仕事に就いていないならローンも保証人が必要だし、車は現金で買えるものを買う方が良いのではないか?」とは言っておいたが、今回の車の件がどうにかなっても他の浪費は止まないだろうし、赤字に転落する日は遠くない(なんせ定年後1年足らずで現在の状況だ)。
いくら正社員で高給取りだった過去があっても、収支が赤字ならば貧乏人だ。同じ年月、手取り60万円で毎月全額使ってきた人より、手取り10万でも毎月数万貯め続けてきた人のほうが豊かな老後を過ごせるのは間違いない。
-------------
その2
「自由人に向く人向かない人」
人間には、ひとりで生きていける人間と、ひとりでは生きていけない人間がいる。これは、社会に生きる以上必ず人の世話に…云々のマクロな意味ではなく、ミクロな意味での「ひとり」だ。
このブログで自由に生きるために必要なものとしてよく取り挙げているのが、まず経済的自由。そして、人付き合いの自由。次いで消費しない自由だ。
これまで、全て自分の自由時間を増やすために得なければならない自由だと主張してきた。もちろん、私個人としてその信念が揺らぐことはない。
しかし、孤独感や精神的な不安感から、経済的に自由でも、人にわずらわされなくても、幸せでない人がいるらしい。
このブログの趣旨として
①低消費で経済的自由を手に入れる
②持ち家とパートナーを手に入れる
③好きなことでお金を稼ぐか不労所得を得る
④アーリーリタイア
…なんて形を推奨している。
しかし、自由時間を手に入れてもやりたいことがない人、もしくは何もやらないことに幸せを感じられない人には向かないだろう。せっかく手に入れた自由な時間が、不幸で寂しい時間となのであれば、何のための自由なのか。本末転倒だ。
無趣味で無気力な人にとって、仕事や仕事の人付き合いがあったほうがまだ幸せだ、というケースもあるに違いない。
世の中には、組織の中で人と一緒に一喜一憂するのが好き、一般の人と同じように生きたい。自分個人の幸せよりも、社会的名誉を得たい。人に感謝されることが嬉しい。そんなタイプの人も存在する。学校でもそれがよしと教育されてきている。
奴隷には奴隷の快楽がある。
人間とは、何もしなければ思い悩むようにプログラムされている生き物だ。あり余る時間は、人間、社会、自分の負の面を見つめさせようと襲ってくる。老人になれば尚のことだろう。
そして、幸福感を感じられない人間が行きつく先は、精神病や、自殺。
人と異なる生き方というのはある意味で孤独との戦いでもある。
人生を選択する前に、自分がどちらのタイプなのか、考えてみることだ。あちら側からこちら側に来ることはできるが、こちら側からあちら側に戻ることは難しいのだから。
------------
その3
ラブ&ピース(愛と平和)を思想として外の社会に向かったのがヒッピーなら、我々のような生き方をする自由人は内に向かったヒッピーなのではないだろうか。
つまり、求めるのは自分自身、もしくはパートナーなどの極めて限られた人間へのラブ&ピースだ。極論をいえば、自己のラブ&ピースのみを追求し、自分が幸せなら、外で他人が困っていようが、戦争をしていようが、関係ない。
「愛は大切、平和は素晴らしい、消費をおさえ、欲望をおさえ、持続可能な社会を望もう」、もちろんそれは正論だ。
しかし、一生かかっても、世の中を変えることは難しい。なぜなら、誰だって、戦争よりも平和を望むほうが良いのは分かっている、死ぬまで働いて大金を消費するよりも好きなことをして自由に暮らすほうが良いのも分かっている。後の世の世代の事を考えれば、今のような人間の暮らしが良くないことも分かっているのだ。
それでも大衆は、これまでと同じように、皆と同じように生きなければ、不安で仕方がない。
大衆とは、経済や国策という回し車の中で、走り続けているハムスターのようなものだ。いったん、社会の枠組みの外に出てみれば、常識とされていることがいかに歪んでいるかに気が付くだろう。でも、回し車の中で、延々走り続けているハムスターにはそれが見えないし、分からない。
だから、他人を、社会を変えることは難しい。
しかし、自分を変えることであれば可能だ。
たとえば、消費を抑え、好きなことで稼ぎ、時間的自由、経済的自由を得る。もしくは不労所得を得て1日中好きなことをして暮らす。自分と関係のない問題は考えないし、関わらない。好きなことを追求する、好きな人と過ごす。社会を変えようとしなくても、それなら個人で可能なのだ。
世の中は大なり小なり、問題であふれている。首を突っ込もうと思えば、死ぬまで尽きることのない問題ごとや心配ごとであふれかえることだろう。であるならば、自由を勝ち取るためには、どこかで問題を「自分には関係のないこと」と、線引きしなければならない。
それには、ラブ&ピースの範囲を、自分、自分と価値観を共有できるパートナー、家族、仲間等、「自分にとって本当に大切な人」か、「自分のみ」に限定すればいい。
ヒッピーは思想があっても社会を思い通りに変えることができないから、酒やら葉っぱやら音楽やらで現実逃避するしかなかったかもしれないが、我々自由人は、範囲が狭くても「現実社会」を変えることができるのだ。
---------------

以上3題 
他に「不動産購入」編もおすすめだ。←不動産については私も前からブログに書いているけど考え方かなり近い。私の方が年を取ってる分,ここまでストレートには出さず,よりソフト?←でもないか(^^)/ 


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kamumi.blog24.fc2.com/tb.php/354-b0087d9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

スエヨギ(twitter名 こみなみなみこ)

Author:スエヨギ(twitter名 こみなみなみこ)
 ↑ 
 画像は 
 米づくりやめたきっかけ
 猿30匹による襲撃時の監視カメラ
 からの至近写真 
(2016年10月より主にニンニク栽培に転向)
 
 今の生活は
 軽ワゴン車の移動
 で成立している
 
 月1回400キロの
 2箇所居住地を往復している 
 
 体力&気力&知力と
 見果てぬ夢とのコラボは続くよ

 気になるキーワード

 ヨーガ 自然食 
 在来工法手刻みによる木工事 
 リサイクル品
 自然エネルギー
 鍼灸指圧
 田舎暮らし
 移住
 小屋暮らし
 ---
 主張
 ↓
 脱原発
 反TPP
 やや右寄り リベラル
 極左×
 ネトウヨ×
 

 
 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

農の食 (479)
農作業 (21)
日々の暮らし (102)
ヨーガ ヨーガ ヨーガ (57)
雑感 (148)
脱原発を目指そう (60)
目指せ快適な家 (15)
お知らせ (34)
未分類 (189)
●●●町一人オンブズウ-マン (11)
組織は腐るのこと (5)
責任の所在を転嫁しあう底なし時代 (1)
現代医学もいいけど鍼灸指圧もいいよ! (5)
Twitter でのこと (96)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード