fc2ブログ

2024-02

「田舎移住した人を待ち受ける落とし穴」

 あれっ こんなこと私,え~こんな文私いつ書いたかな?って思わず首をひねったブログ。
ドキッ… そして,あっ私が書いたんじゃない…

 夫の最新のスマホでうちのブログを見ていたら(私のはガラケ-だが←対NHK用の言い訳),
私の最新のブログのすぐ下に
「田舎移住した人を待ち受ける落とし穴」という一文があった。

 単にそれは,ブログを読みにきた読者がよく似たブログに飛んでいけるように配置されたうちのブログには関係のない,
似たブログの一行広告だったのだが…
思わず引き込まれ読んでしまったブログ。

それはココ(熊本で果樹農園をやっている妻が書いたブログ。
<(_ _)> ほぼ同意ですんでお許しを…

http://nishikifruits.blog16.fc2.com/blog-entry-1577.html 

――――
また、ですか
と、今年になって何回いったかな 
おんなじ話を何回も聞くのです
過疎の村、それも未来は間違いなく限界集落になることが運命づけられている
農業を成り立たせることさえ難しい村
そこでふつうに起こっていること
移住した人たちが、つぎつぎに、
生活が軌道にのった移住4年めくらいに
現地住民によって「出てってください」と、いわれるのです
荒れ果てた田畑を開墾し、ようやく収穫も充実の時期になりそう・・・・ってときに
「すみません、たんぼと畑かえしてください」
真剣にまじめにいっしょうけんめい、農家になろうとしている最中に
頭から水バシャッですよ
住める状態じゃないとこを長期間の労働ですてきなおうちに改装してさあこれからというときに・・・
「親戚が帰ってくるっていってるんで、次の更新はありません」
水バシャッバシャツ
こんな事例が、耳に聞こえる範囲で何軒つづいたか
熊本の、その地域だけの話かと思ったら、県をこえて、あっちこっちで起こっていることだそうで
びっくりさせられます
「どうしてそこまで最低の人間に落ちれるのかな」
と言ったのは、それを言われた友人
「でてってくださ~~いい」
数年間で2回も同じめにあった家族がいる
1年以上かけて雨の降り込む廃屋を、すてきな古民家に再生させた暁にですよ
家をきれいにしてあげる修理人くらいに思われてるかな
どうにもこうにも、人の心はわからない・・・・・
都会から田舎に移住する人を増やそうというのは、地方再生という自民党がかかげる大きな政策のひとつで
やたらとお金が投げ込まれております
この村にも国から何十億円というお金が投げ込まれていることはきいております
地方再生ってなんのため????
問題は、田舎に住んでいる人が、よそものに住んでもらいたくないと思っていることです
いつかはここで田舎暮らししたいわあ と
たまさかの帰省で親戚(長男の息子のヨメあたり?) がもらした社交辞令でまいあがり、
人生最大の覚悟をキメテやってきた人を
いともさっぱりと、追い払うのは、ごくふつうのありふれた、心も財布も貧しい田舎で起こっている事例
石破さんにおしえてあげたくなりました
よそもんに、「もてなし」するのは、無礼と思われるのはいやだから。
いちげんさんには、笑顔で応対。
しつこくやってくる人には、どんどん顔が冷たくなっていく
おもてなしの本質がそれです
この数百年どころか数千年をかけて培われた分厚い「壁」取り払うのは、簡単じゃあない
日本人の多くが外国からの移住民をウエルカムと思わないのと同じ心理で
田舎の人は、よそものの移住をウエルカムとは思わない
若いもんだって同じこと
見知らぬ他人に心を開くには、
言葉が通じるとか、生まれた場処がどうとか、好きな音楽が同じとか、同じ服着てるとか
あれこれフィルター通さないと「通せない」と思っている人は多数派
年齢に関係なく
いなかと都会の対比では本質は解決しませんね
地方再生と自民党がいいだした本当の理由はなんでしょう
移住民を奪い合うことを地方再生の目的にしているのなら、それはどこにも行きつかないような気がします
人は都会のほうが生きやすい それは真理
車の運転ができなくなったらどこにもいけない老後
病気になっても医療が充実してないから妥協しなくてはいけない
地域でお金を廻すことが難しいのは、最低賃金さえ守らない雇用者が多いから
そういうのが田舎ですよん
-----

↑ 
でしょ。私が書いてるんじゃありませんよ。ちょっと違いますね。
うちの場合
最近やや人口持ち直したと思ったら,特養の老人増やして数増やしてる…
定住促進センターは主に村の人の為の就職機関。自分でやってきて自力で頑張ってる人は完全無視。イベントに
招待されたことなぞ一度もない。村の教育委員会主催の品評会に出品断ったら(肥やしと薬やれば大きくなるけど
うちはそういうのは作りたくないって言ってしまった…) 教育委員会制作のHPからいつの間にかうちのHP削除に。

田舎専用の押し売り 来ます。
ボケ老人騙す専門押し売り 来ます。
対強盗には棒隠し持ってます。
(裏のガラス割って逃げる為)

そんなものにも負けない。
あんなものにも負けない。
あるいは柳に風と受け流し, 
タフな奴が長続きできるのが
田舎暮らしというものなのだよ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kamumi.blog24.fc2.com/tb.php/401-72077e08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

スエヨギ(twitter名 こみなみなみこ)

Author:スエヨギ(twitter名 こみなみなみこ)
 ↑ 
 画像は 
 米づくりやめたきっかけ
 猿30匹による襲撃時の監視カメラ
 からの至近写真 
(2016年10月より主にニンニク栽培に転向)
 
 今の生活は
 軽ワゴン車の移動
 で成立している
 
 月1回400キロの
 2箇所居住地を往復している 
 
 体力&気力&知力と
 見果てぬ夢とのコラボは続くよ

 気になるキーワード

 ヨーガ 自然食 
 在来工法手刻みによる木工事 
 リサイクル品
 自然エネルギー
 鍼灸指圧
 田舎暮らし
 移住
 小屋暮らし
 ---
 主張
 ↓
 脱原発
 反TPP
 やや右寄り リベラル
 極左×
 ネトウヨ×
 

 
 

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

農の食 (479)
農作業 (21)
日々の暮らし (102)
ヨーガ ヨーガ ヨーガ (57)
雑感 (148)
脱原発を目指そう (60)
目指せ快適な家 (15)
お知らせ (34)
未分類 (189)
●●●町一人オンブズウ-マン (11)
組織は腐るのこと (5)
責任の所在を転嫁しあう底なし時代 (1)
現代医学もいいけど鍼灸指圧もいいよ! (5)
Twitter でのこと (96)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード